皆様への挨拶

あばばばば
Profile

挫折:大学時代は研究者の道を目指すも、主に経済的事情によりドロップアウト。色々仕事を変えて、時々放浪したりしながら、テキトーに生きて ます。
無茶:家を追い出され、大学時代は研究室で一ヶ月2万円で生活。ほとんど誰とも話さない無頼暗的生活を送る。
出没:浅草、秋葉原。
研究課題:ヴォイニッチ。中世異端(グノーシス的二元論、カタリ派、テンプル騎士団、聖杯伝説)。量子力学と自由意志。コンピュータを使って言 語を処理すること。レンヌ・ル・シャトーの謎。イースター島のロンゴロンゴ文字(休止中)、ネアンデルタール人の絶滅。オークアイランドの財宝。アーク。
音楽:世界でもっとも偉大なロックバンド、The Beach Boys、特に音楽的リーダー天才Brian Wilsonに深く傾倒し、自らを無頼暗と名乗る。ジム・モリソンの朗読も結構好き。日本だと中島みゆきさん。
好きな女性:渡辺真理さん、小野文恵アナ、知花くららたん、アオイさん(ウイングマン)、ナナイ・ミゲル。美人で知的でちょっぴり気が強くて、 でも優しくて頼れる年上の女性が好き。
愛用薬:エピナジオン(アレジオン後発)
好きな食べ物:蕎麦、鮨、牛乳、サラダ、ホットケーキ、フルーツ缶詰、おっぱい、ひざまくーら。
座右の銘:目的のない空虚な人生で長生きするよりも、生存のため、大義のために闘って死ぬ方がましである。(テオドア・カジンスキー)
人生に必要なものは勇気、想像力、そして少しのお金だ。(チャールズ・チャップリン)
どんな苦しみにも意味がある。(ヴィクトール・フランクル)
嫌い:労働。金持ち、権力持ち。偉そうな馬鹿。『地獄の黙示録』およびカフカの『城』的カオス。この世に存在するほとんどのもの。スパゲッ ティー。じみへん。騒音、振動。ベジタリアン。喫煙者。
尊敬する人たち:ブライアン・ウィルソン。高田渡。路上生活者。寅さん。だめ連。カーナボン卿。カタリ派。
映画:オリバー・ストーン監督作品や、現代フランス映画が好き。『ドアーズ』、『ベティー・ブルー』、『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』、 『髪結いの亭主』(←僕の夢)、『ニューシネマパラダイス』、『エマニエル夫人』、『バッファロー66』、『ボーリングフォーコロンバイン』、『リリィ・シュ シュのすべて』、『ごめん』、『ライムライト』。
休みの日のすごし方:掃除・洗濯→自転車→温泉、読書。とにかくまた〜り。
夢:南フランスに移住。インディー・ジョーンズ。聖杯やアークの発掘。
駄目:無頼は駄目じゃないよ!
神:不可知。自称カタリ派。
欲しい:3000万円。ビジーンで、優しくて、ボインで、清楚で、頭のいい奥さん。
 

真理を追究した大学生無頼:

    人一倍知りたがりの無頼は、人格が壊れるほど勉強した後、大学に入りました。今まで学校と名の付く全てのものを嫌ってきましたが、全てが驚きでした。若さ故で しょうか、無頼は研究をすれば全てのことを知ることができると信じていくようになりました。こうなると女の子になんか目もくれません。
    1. 無頼は小さい頃から知りたかった神の存在/非存在証明に取りかかりました。真理への路は無数にあるようでした。無頼は生物学を専攻していましたので進 化論に興味がありました。もし神が生物を創造したのなら、進化から証明できるかもしれない。今でもダーウィニズムが本流ですが、当時無頼は「大腸菌の 方向的突然変異」や「人類水生説」なるアヤシゲナ領域に足を踏み入れました。
    2. 量子力学のエレガントさに驚愕を受けた無頼は、量子力学のパラドックスやペンローズの自由意志と量子力学に惹き込まれました。(未だに決着が付いてい ません。)
    3. また大学の微積分に取り憑かれた無頼は、「無限とはなんぞや?」と真剣にとりくみ、無限こそ神の実体ではないか?と信じたこともあります。
    4. またシオランなどに出会い、強烈なペシミズムと、真理はカタリ派二元論にあるに違いないと確信したこともありました。
    分かると思いますが、こうなると一般の世の中が非常に馬鹿らしくなり、女の子も、就職もどうでもよくなってました。きっと一時的な「羊憑き」の状態に陥ったの だと思います。それからだんだんと誰とも話すことはなく、講義を一人一番前で聴き、洋服は一ヶ月着替えることなく、毎日死ぬことばかりを考えてました。こうし て無頼暗が誕生したのでした。

    でも、あるちょっぴりヘンテコでかなり物好きでとっても素敵な女の子が無頼を井戸の底から救ってくれました。そのおかげで現在まで続く、生きる無頼があ るのです。


 皆様こんにちは。ヴォイニッチ手稿の研究ページを運営している高橋です。大学時代は生物学を専攻していました。現在は生きていくため、食うためにリーマン してます。その興味の始まりは小学生の時に読んだコリン・ウィルソンの『世界不思議百科』でした。世界にはこんなに不思議なものが存在しているのかという驚 き・興奮を今でも覚えています。その最後にこう書かれていました。「ヴォイニッヒ古文書は今もこのエール大学で眠っている。いつかは現れるはずの暗号破りの大 天才の霊感を待って……。」

 すぐに実際にそれを見てみたいと思いましたが、そのときはもちろんどう手に入れたら良いかも分かるはずもなく、その後中学・高校と日々の忙しさもあって興 味から離れていました。しかし大学に入ってようやく時間的・経済的な余裕もでてきまして、やっと研究できるようになりました。僕が大学に入ったときは丁度イン ターネットブームの始まりと重なっていました。インターネットの発達は情報の入手を容易にしました。本当にいい時期に巡り会えたと思っています。もしE-メー ルが使えなかったら、イェール大学にマイクロフィルムのコピーを申請するのも大変だったでしょうし、こうして皆様にページで発信する手段すらなかったでしょ う。そうして世界が近くなるにつれて、日本人であることの不利な点もまたひとつ減っていきました。

 ヴォイニッチ手稿の研究を始めて今年で5年目に入りましたが、現在は研究より仕事が優先です。
この問題は調べれば調べるほどごちゃごちゃと分からないものがでてきて、それがまたさらなる謎を呼びます。これが「世界で最もミステリアス」であるといわれる ゆえんですが、様々な説が入り乱れ、例えコンピュータ解析をしようと、言語学者が調べようとなにひとつ確かなことは出てきていない現状です。何から手を付けて 良いのか分かりません。ただ一つ言えるのは今までおこなわれてきた通常の方法では謎は解けないだろうということです。

 ヴォイニッチ手稿に関係して、その歴史的背景、ルドルフ朝、ジョン・ディー、ロジャー・ベイコン、カタリ派、薔薇十字団などを調べているうちに最近ではそ ちらの方にも興味が出てきまして、多少それらについてもページの中で紹介しています。まあ今は焦る必要もなく寄り道しながらヴォイニッチ手稿のミステリーに迫 ろうではないか、という気持ちでやっております。

 夢がなくなるようですが、解読されてもおそらく大した事実は出てこないと思います。1960年にヴォイニッチ手稿が売り出されたときのキャッチフレーズは 「解読されれば100万ドルの価値」でした。(ちなみに売り出し値は16万ドル)今までにも何人もの暗号解読のプロ達が時間を無駄に費やしてきました。今現在 でも世界中でヴォイニッチ手稿の研究が行われています。どうして僕はこんなものに足を踏み込んでしまったのかな?無駄な試みに終わらないことを祈っています が、どうなることやら。

注意です: このページに興味を持たれた方は自由にリンク張って下さい。(カウンターの関係でトップページにお願いします。)リンクの報告は特に不要です。この他にもたく さんのミステリーがこの世には残されています。そんな研究を学究的に行っている方がいれば是非お知らせ下さい。

 ただし僕は、このヴォイニッチ手稿を真面目な研究としてやっていますので、Web上にたくさんあるオカルトのページとは質の異なるものであるということを ご理解下さい。このページにあるような宗教や秘密結社についても歴史的には興味はありますが、個人的には興味はありません。UFOや宇宙人の存在は信じていま せんし、オーパーツなどもでっち上げもしくは何らかの説明が付くものだと考えています。

 そして僕自身もいつも自由に資料を活用できればとは思うのですが、そしてそれがインターネットの利点でもあるわけですが、著作権にはご注意下さい。僕自身 も資料の大部分は翻訳の許可を頂いただけであり、それ以外でも引用の範囲を超えないように気を付けています。無断引用は避けて下さい。

最後に

 このページを運営するに当たって多くの方にご尽力頂きました。なかでもJohn Deeの研究者である坂口勝彦氏には私の知識不足に対し、絶えずご助言を頂きました。ほかにも激励のメールを下さった方にもこの場を借りてお礼を申し上げま す。


これまでの歩み

1989年(小6)

『世界不思議百科』を読みヴォイニッチ手稿に感銘を受ける。このときすでに将来のヴォイニッチ研究を運命付けられていたと思います。
(それ以前にも学研『ウータン』でヴォイニッチ手稿に関する記事を読んだような気もするのですが…。どなたかご存じでしたらお知らせ下さい。)

(しばらくの間ヴォイニッチに関する興味から離れる。)
同じクラスの竹井さんに人生初の告白(私も好きーみたいな手紙もらう。ウシシ)

1996年(大1)

大学生になり、時間的経済的な余裕ができたこともあり、暖め続けてきたヴォイニッチに関する研究を始めようと決意。時はパソコン、インターネットブーム。

7月
インターネットで「voynich」を検索し、世界中に研究者がいることを知り驚く。それまでは「voynich」のスペリングが分からず、現在は廃刊になっ てしまいました『ボーダーランド』の編集部の方に調べていただきました。

10月
イェール大学図書館付属バイニキー・レアブック図書館にヴォイニッチ手稿のマイクロフィルムを申請し、手に入れる。

1997年

3月1日
このページの開始。
R. Shandさんにページの翻訳許可を頂き、ヴォイニッチ手稿のページを作ることを決意。なんと一ヶ月で1000回ヒットを数えるもカウンターが壊れる。

(少しずつ更新を重ね、内容を増やしてきた。その間もたくさんの人からメールを頂き、こんなにもヴォイニッチ手稿に興味がある人がいたのかを知りうれしくな る。今までにメールを頂いた数は30人を超えます。)

6月
VOYNICH@STUDY.CLUBのメールアドレスをでっち上げ、それ以後、別に会員もいないのにヴォイニッチクラブを自称(?)

10月
ヴォイニッチ・メーリング・リストで知り合った留学生のホセさんが日本にいることを知り、ヴォイニッチ手稿について話し、11 月15日の講演によばれる。

11月
カウンターの再設置。
りえちゃんに出逢う。人生初めてのでぇと。(最高)
ホセさんの講演が行われた。

1998年

3月
今回の更新では、以前指摘を受けた翻訳の手直し、そしてカタリ派に関する内容を加える。

8〜9月
多少の手直し。win98環境ではさらに特殊フォントの表示が上手くいかない。2ヶ月間transcriptを行うが、予想以上に時間がかかり、半分程度完成 させる。トランスクリプションには結局一日7〜8時間、半年間という膨大な労力を費やし完成させました。

11月22日
Voynich Manuscriptの全ページのtranscriptionを終える。初め ての完全transcriptionであり、またYale copyからの初めての、そして権利を侵害しないことを認められたtranscriptionでもある。

11月25日
私のtranscriptionをメーリングリストに公開。多数の方からお祝いの言葉をもらい、ますますこの問題に取り組もうと決意。

1999年

2月20日
Voynich Supplementary materialsのうちA, BそしてEのマイクロフィルムを手に入れる。どうやって見ようかはいま思案中。

3月10日
私自身の、そして皆様の利便性のため、5000回ヒットを機にヴォイニッチ掲示板を設置。

5月
『THE VOYNICH MANUSCRIPT -AN ELEGANT ENIGMA』の翻訳出版権を購入。翻訳を始める。

7月 Brian Wilson来日コンサート

9月 胃の手術。ああ、それ以来ご飯がおいしくないよぅ。

12月23日
『THE VOYNICH MANUSCRIPT -AN ELEGANT ENIGMA』の翻訳を終え、ネッ ト上で公開する。

2000年

2月
大学卒業に伴い、ヴォイニッチの研究を一時停止。
私のヴォイニッチへの興味はまだまだ終わっていません。
寿司屋さんで3ヶ月働く。

5月
無頼(=私)の奇跡的サラリーマン化により、研究を一部再開。
食っていくためとはいえ、仕事は単なるヴォイニッチ研究への障害でしかない。
ペースをつかむまで、研究はあまり進めることはできません。恋と人生は焦らずですな。

7月1日
独自ドメインvoynich.comを取得し、引っ越す。

2001年

1月
某大学研究者より、「Voynich研究はまともな学問でない」との認定を受ける。
C大言語修士落ちる。(涙)

4月
みーな様と会社帰りオテテ繋いでいちゃいちゃ。人生初、女の子と手を繋いで街をお散歩。(嬉)

12月
レンヌのミステリーページを作る。フランス行ってみたいなぁ。でもいつ仕事辞めるか分から ないんじゃ、お金使いたくないのぅ。

2002年

1月 T大言語情報修士落ちる。(涙)

2月 Brian Wilson来日コンサート

5月
小学6年生のときからの夢であったレンヌ・ル・シャトーを訪問する。実現まで12年かかり ました。
出版社辞めてバイオベンチャーへ転職。ドキュンだった。(涙)

10月
えみたんと初で・ぇ・と。仲良くなっちゃうよ〜。(好きな人と初めてのチュウする。)

2004年

1月
自動車免許取得(゚听)イラネ

7月
ゆーちゃんと遊園地デェト

9月
会社辞めてレンヌ・ル・シャトー再訪問。テンプル騎士団の影を追って、スコットランド ロズリンチャペル訪問

10月
財団法人職員へ転職。

12月
当時の上司の馬鹿医者(俺は毎日昼は料亭でメシ食ってー、世田谷に家買っちゃってー、時給2万でー、100万のイタリア家具買ってー、20万の掃除機買ってー 君)と喧嘩して、仕事辞めて、翻訳に専念中。

2005年

1-3月
夜勤バイトさんしつつ、翻訳
三奈子さんと焼き肉デェト

4月
レンヌ・ル・シャトーの財宝伝説』出版
サラリーマン復帰

9月
会社辞めて、Yale大学バイネキー図書館に行く。オー ク・アイランド訪問。

10月
四国一周自転車旅行する。

11月
塾のセンセして、とりあえずエチオピアへの旅費稼ぎ

2006年

3月
正統と異端 第一巻:異端カタリ派』出版

7月
二原理の書』出版

11月
塾のセンセ辞める。

11月-01月
フィリピンの英語学校に通う。

2007年

1-2月
エチオピアエ ジプト訪問。

3-4月
またまたフィリピンの英語学校に通う。楽園みたいなところ。
フィリピーナ、エミリンたんとデェト
フィリピーナ、ミリアムたんとデェト

5月
騎士団の本の制作のため、フランスマ ルタを訪問。

6月
チャリダーの夢、北海道一周達成。

8月
正統と異端 第二巻:テンプル騎士団とヨハネ騎士団』出版
翻訳の会社で働き始める。

2008年

8月
ゆーこさんと遊園地デェト

10月
自転車九州一周達成。

2009年

7月
アークを探しに、イスラエル・トルコ旅行

9月
正統と異端 第三巻:歴史的イエスとキリスト教の成立』出版

2010年

5月
オーク・アイランドの埋蔵金』出版

7月
研究のまとめブログ開始

8月-11月
翻訳の仕事止め、フランス語学留学

テンプル騎士団の足跡をたどる

11月-2011年2月
またまたフィリピンの英語学校に通う。

2011年

3月
フリーランスの翻訳者として活動開 始

5月
ヴォイニッチ手稿 第三次研究グループ(1991-2001年)』出版

8月
りょーこさんと遊園地デェト

9月
山谷のホテルでアルバイト開始

2012年
10月
聖杯十字軍 -カタリ派の悲劇』出版

11月
事務所を金町に購入

2013

6月
事務所を売却

8月
山谷ホテルバイト終了

2014年


1月
事務所を亀有に移設

2月
フィリピンで留学しながらお仕事

7月
さちこさんと2日間一緒に過ごし、そのあと振られる(ToT)

9月
宮崎の青島にマンスリーマンション借りてお仕事

2015年

1月
フィリピンで留学しながらお仕事

5月
聖なるキノコと十字架』出版

8月
避暑で草津温泉にマンスリーマンション借りてお仕事


Back