そもそも意識とは何か?すべての物質は無意識であり、その内側には生命もない。人間には意識があるが、脳という物質が作り出す幻のようなものである。記憶は 物質の痕跡として脳に保管され、死とともに消え去るというのがこれまでの定説である。

記憶には学習、条件反射、過去の記憶という種類が存在する。記憶は数十年間も存続するが、神経系およびそこに存在する分子は動的であり変化し続ける。物質的 な代謝が行われ、変わり続ける中で、記憶はどのようにして脳に保管され続けるのか?

記憶は脳ではなく、外部に保管されている仮説

脳は記憶を保管する臓器ではなく、どこか外部の記憶領域にアクセスし、読み書きをするための機能を担っていると仮定すると、いろいろなことが上手く説明でき る(場合がある)。
 


では、外部記憶の場所はどこにあるのか?

ではその意味とは?

【参考文献】
Science Delusion, Rupert Sheldrake

とか
Wikiペディア
とか。

シェルドレイクさんとは、何度かメールのやりとりしたことあるんですが、新刊の『サイエンス・デリュージョン』を日本でも翻訳出版したいそうです。大手の出版社から商業出版が可能ならと言っていましたので、出版社さん連絡ください。私が翻訳やりますので。(*^_^*)